競馬でお小遣いを稼ぐ秘訣

競馬予想のデータの質からの予想の的中率の検証

競馬予想とデータというのは切っても切りはなせない関係にあると言えます。
競馬というのはあくまでレースですから、出走前には追い切りでのタイム等、データとして明確な数字を表すものから、血統という不確定要素までをもデータとして扱う事になります。
しかし、そのデータというものに不確定要素が多いのが競馬という競技の特徴で、例えば、良いタイムを持っているからといって勝てるというわけではありません。
不確定要素が多いと的中率というのはなかなか安定させる事が出来ませんし、そもそも、競馬というのは着順を競う競技であり、タイムを競う競技ではないのです。
騎手にしても馬主にしても、タイムはあくまでその馬に対するポテンシャルとして捉えている部分が強く、ハイペース、スローペース等の展開を気にする事はあっても、タイムを気にして走っているわけではないと言う騎手がほとんどではないでしょうか。
もっと言えば、勝つためにそのレースのタイムを落とし込む事もあり、データを裏切る結果という事も多々あるわけです。

 

[PR]

競馬サイト

 

データの扱い方

 

多くの情報がデータとして出され、そのデータを基に予想を組み立てる事は昔から変わりませんが、そのデータ量はどんどん増えてきています。
厳密に言えばデータを手にししやすくなり、目にしやすくなったと言えるでしょう。
しかしデータが増えたからといって、1番人気馬に代表される馬の馬券内率、的中率というものは変わっていないという検証結果もあります。

 

データというのはあくまでも過去の結果であり、競馬予想は未来を予想するものです。
そのデータからどういう変化をするのかを読み解く事が一番重要であり、競馬は毎回同じ結果にはなりえないであろう競技であるという事を考えながら予想をする方が良い予想が出来る時が多いです。

 

[PR]

競馬サイト

 

データで変わらないもの

 

データは過去のデータだと言いましたが、変わらないデータというものも存在します。
それは血統、適正といったものです。
血統というのはどの馬を父母、祖母、祖父にもつのかといった事になりますが、それによってある程度、その馬の適正というものが決まってきます。
また、あくまでも傾向ではありますが、馬の胴が長ければ長距離向き、短ければ短距離向き、足が長ければ長距離向き、足が短ければ短距離向きで、小回りもこなせるといったものもあります。
そういった血統や身体的特徴というのは急激に変わるという事はあまりありません。
変わらないデータとして使い続ける事が出来、その上で新しい情報を自分なりに上書きしていけばいいわけです。
タイム等は走った時の状況によって馬ごとに条件が変わる事もありますが、こういった不変に近いデータに新しい情報を乗せていく事で、的中率を上げる事が出来るという検証結果も出ています。

 

データは使えば馬券力が上がるものではなく、使い方によって馬券力を上げるものだとしてとらえ、必要なデータだけを抜き取って活用する事が理想となります。
全ての情報を駆使して予想しても、大きく裏切られる事が多いのが競馬なのですから。